エマージェンシー・ファースト・レスポンス

efr01

pad-efr日常生活で起こりうる緊急事態に対して取るべき必要な手順を身につけるのが、このEFRコースです。日常に役立つ知識やテクニックを理解し、実際の緊急事態を想定した手順やスキルを練習します。いざというときに躊躇することなく行動できる準備をしておきましょう!又、すでにEFRをお持ちの方の再トレーニング、24ヶ月以内のアップデートも行っています。緊急事態に備え手順やスキルを維持しておきましょう!2007.6月よりCPR(心肺蘇生法)は大きく変更になっております。ロビンソンでは全て新規準及びマニュアルにて講習を行っております。

※ EFRコースは一次ケア(CPR)と二次ケア(ファースト・エイド)の2つのコースにわかれています。
一次ケア(CPR)とは:生命に関わる問題に対して行う緊急ケアを学びます。
二次ケア(ファースト・エイド):救急隊の到着までに行うケガや病気の評価や緊急ケアについて学びます。

●受講資格
どなたでも受講できます。  
・最低年齢など参加条件なし
・ダイバーでなくても受講可
●コース料金
■エマージェンシー・ファースト・レスポンス
一次ケア(CPR)+二次ケア(ファースト・エイド)

¥17.850(税込)別途ご家庭で救急法がいつでも学べるEFR DVD ¥4.830(税込み)発売中!!自習用としても最適
ken<料金に含まれるもの>
講習料・教材費・申請料
※レスキュー・ダイバー・コースへの参加には一次ケアと二次ケアの修了が必須です。
※AED(自動体外式除細動器)コースもございます。(オプション)
上記料金+¥5.250(税込)

■エマージェンシー・ファースト・レスポンス
一次ケア(CPR)

¥12.600(税込)
<料金に含まれるもの>
講習料・教材費・申請料

bandagefoot■ エマージェンシー・ファースト・レスポンス
二次ケア(ファースト・エイド)

¥5.250(税込)
<料金に含まれるもの>
講習料
※教材は一次ケアと同じ教材を使用します。
※ 二次ケアの受講は一次ケアコースを修了するか参加受入資格を満たす他団体の認定が必要。

●コース内容
defib■エマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケア(CPR)(約2時間のコース)
・ 現場の評価
・ 感染防止のバリアの使用
・ 一次評価
・ レスキュー呼吸(人工呼吸)
・ 成人に対し1人で行うCPR
・ 気道閉塞で意識のある人への対応
・ ひどい出血への対応
・ ショックへの対応
・ 脊椎の傷害への対応
・ AED(自動体外式除細動器)の使用方法 (オプション)(約30分のコース)
AED(自動体外式除細動器)とは、心臓が正常でない動きを示した時に、要救助者に自動的に電気ショックを与え心拍を正常に戻すことのできる小型、持ち運び可能な医療機器です。最近では駅やコンビニ、小学校など身近な所にもAEDが設置されています。日本でも2004年から緊急時には一般の人が使用できるようになり、CPRと共に欠かせないテクニックとなっています。しかし、使い方を知らなければ緊急時に躊躇してしまうかもしれません。講習ではトレーニング用のAEDを用いて、セットアップ方法、操作方法などのトレーニングを行います。

■エマージェンシー・ファースト・レスポンス二次ケア(ファースト・エイド)(約1時間のコース)
・ ケガの評価と対応
・ 病気の評価と対応
・ 包帯の使用方法
・ 骨折や脱臼した場合の副木の使用方法

●アップデートについて
70867J講習を受けてから時間が経つにつれ、身につけたスキルをお忘れになっていませんか?EFRのスキル維持には24ヶ月以内のアップデートが必要です。再トレーニングを受けスキルの確認を行いましょう。又、再度講習に参加することで最新の情報も得ることができます(2007年5月末にマニュアルが改訂されました)。EFRのアップデートに関しては学科を行わず、スキルのみのトレーニングを行います。万一の緊急事態に備え手順やスキルを維持しましょう!
コース料金
¥12.600(税込)・・・・別途マニュアル代¥1.995(税込)※必要な方のみ
別途ご家庭で救急法がいつでも学べるEFR DVD ¥4.830(税込み)発売中!!自習用としても最適
<料金に含まれるもの>
講習料・申請料

●お申し込み・コース開催 場所/日時
お申し込み後、日時についてはお客様と相談し決定します。まずはご希望の日時をお知らせください。講習は全てロビンソンのレクチャールームで行います。

コースお申し込み、お問い合わせはロビンソンまで
e-mail:info@robinson.co.jp