R OBINSON NEWS  2010

 ☆スクープ!! 積丹 幌武意沖にて「ウミクワガタ」発見!!

4月18日の幌武意ツアーは、無風、ベタ凪の最高のコンディションでした。
この時期の透明度は、あまり良くない為マクロダイブを楽しみます。あまり行動範囲を広くとらず、この時期限定の旬の生物である、ナメダンゴの稚魚、ホテイウオの稚魚などの小さい被写体をじゅっくり狙います。ハッチアウトして間もない稚魚たちは、しばらくの間、着底生活を送り、やがて深海に旅立ちます。そんな、小さな被写体を探すダイビングスタイルでこの日、新たな発見がありました。いつもの様に水底の海藻や岩肌に目を凝らし被写体を探していると、何やらゴミの様な物が微妙に動いている??
しばらく、凝視していると。。。そう、ウミクワガタなのです。体長は僅か、2〜3mm(決して大袈裟ではありません)
慌てて、スーパーマクロ仕様のカメラを持つ、ゲストの方を呼びます。ファインダー越しに確認してみると、間違いありません!紛れもなくウミクワガタです!しかもオスで、昆虫のクワガタと同じ、角がはっきり確認出来ます。
以前、宮城県の志津川、女川ツアーで見たウミクワガタが積丹の海にも生息していたのです。見た目はまさに昆虫のクワガタにそっくりですが、エビやカニといった、甲殻の部類に属します。今まで、積丹での目撃、観察例は無く、おそらく、北海道で観察された初めての事例かも知れません。 まさに、スクープですね!海の中にはまだまだ、新たな発見が沢山あります。たまには、小さい生物にも目を向けて見ませんか?


by Nishiyan

発見日時:2010.4.18
発見場所:幌武意海域
発見者:西村 浩司(ロビンソンスタッフ)
写真提供:柳本 豊氏





スイッチをクリックすると、過去の NEWS をご覧いただけます。


BACK NO.    NEW NO.