R OBINSON NEWS  2009
2009年「ニシヤン」の水中生物探訪 in Bikuni!!・・・2009.7.3



ダンゴウオ

先週のポイント情報でもお伝えしましたが、2週間ほど前からダンゴウオの稚魚が見られています。ダンゴウオの仲間も数種類おり、積丹の海で見られるのはほとんどがナメダンゴです。冬の1〜2月頃に産卵し、3〜5月頃には稚魚が見られますが、水温が上昇しているこの時期にダンゴウオの稚魚が見られるのは超レアです。 成魚は何度か確認していますが、個体数はナメダンゴに比べて、少なく生態がよく確認できていませんでした。 そんな、レア物は、是非撮影しなければ!と思い、店が定休日の今週火曜日にちゃっかり撮影してきました。

何せ、相手は3〜4mmで、しかも2日前と同じ場所にいるとは限りません。ちょっと無謀とは思いつつも、目を皿の様に探すこと数十分、ついに発見!!しかも、週末見た個体とは別固体でさらに一回り小さい!!一見ホテイウオの稚魚にも似るが、ファインダー越しに見ると、ダンゴウオの稚魚の特徴である、頭に天使の輪と呼ばれる白い模様がはっきりと分かるが、あまりの小ささに撮影はかなり大変!!

上写真は大きさを比較する為にはトリミングはしておりません。 周りのグレーの部分はグローブの指先です。(笑)でも、可愛いと思いませんか〜?
やがて、水温の上昇と共に、深海へ旅立って行くと思いますが、海にはまだまだ新たな発見がたくさんありますね♪

BY Nishimura



撮影データ
EOS5D+NEXUS5D・EF100mmF2.8+クローズアップレンズ・Z240×2灯





スイッチをクリックすると、過去の NEWS をご覧いただけます。


BACK NO.    NEW NO.