R OBINSON NEWS  2008
ニシヤンのちょっぴり自慢コーナー!!・・・究極の水中マクロシステム!!2008.5.16




ロビンソンチーフインストラクターの西村氏。「積丹ダイビングはお任せ下さい!!」って心強い言葉が返ってくる実力派のプロダイバーですが、知る人ぞ知る水中カメラこだわり派なのです。一時はプロカメラマンも目指していたくらいカメラノウハウは相当なもの・・・・休日にはプライベートで水中写真撮りに専念している!
たまにカメラ談義に花が咲くと彼の饒舌はとどまるところを知らない・・・・
そんな彼が時間と手間とお金を費やしてシステムアップした水中カメラがこれだ!!
究極の水中マクロ写真を撮る為の究極の道具とも言えるかもしれませんね(@_@)

誰ですか〜「お金持ち〜!!」って思わず叫んでしまったのは・・・・・(笑)


そんな彼のシステムとコメントをご紹介致します。





●カメラ本体:キャノンEOS5D オープンプライス
●使用レンズ:キャノン100mmF2.8MACRO オープンプライス
●ハウジング:anthis社製 Nexus5D \273,000
●ポート:anthis社製 マクロポート100 \43,890
●フォーカスギア:anthis社製   \12,600
●クローズアップレンズ:anthis社製 クローズアップレンズ \7,350
●ファインダー:anthis社製 Nexusファインダー45 \60,900
●ストロボ:INON社製 Z−240X2   \127,680
●ポートリング&アーム:アテナ工央社製 ATPFポートリングアーム \35,700
●キャリー:アテナ工央社製 ATキャリー(特注) \8,190
●フォーカスライト:フィッシュアイ社製 FIX LIGHT LED48D\26,250



〜ニシヤン談〜
私は普段、積丹の海をフィールドにしています。
主にマクロ撮影が多いので、ファインダーは45度のアングルファインダーを
付けています。このファインダーはマスク越しでも等倍に被写体を確認でき
四隅のケラレもありません。 また、ファインダーが360度回転可能で、最適な
角度で撮影ができます。 ハウジングを選ぶ理由として、このファインダーが
取り付けできる事も大きなポイントでした。休日はこの愛機を持って積丹へ出掛けます。
デジイチに興味がある方、是非ご相談下さい。





スイッチをクリックすると、過去の NEWS をご覧いただけます。


BACK NO.    NEW NO.